明治の建築家 下田菊太郎(しもだきくたろう)Shimoda Kikutarou  朝日向猛

  ホーム に戻る

1886.06.14-1931.12.26
wikipedia下田菊太郎

書籍 1889(M22)欧米建築一般

--- San Francisco

1892, San Francisco Ferry Building
1893, San Francisco Trinity Episcopal Church

--- Chicago

1893, California State Building, World's Columbian Exposition、Expo 1893
California State Building
1895, Reliance Buiding
1900,Great Northern Hotel
1902,Marshall Field and Company Building

--- Yokohama

1898,Jardine Matheson Holdings Limited,ジャーディン・マセソン商会(怡和洋行),Warehouse
1901, Shimoda house, 下田自邸
建物は鉄筋コンクリート3階建、1階の48畳の部屋は職方集会室、2階は日本客間、3階は外客招待室とし、別にクラブハウス的な球技室・酒場・碁棋室・露台を設け、ドイツ製スタイソウエー・ピアノを購入し、在留外国婦人を楽しませた。(建築家・下田菊太郎に関する若干の考察)
鉄筋コンクリート造だとすると、わが国初の鉄筋コンクリート造住宅のはず。
1904, スタンダード石油横浜支店
山下町8番地に建築された米・スタンダード石油会社横浜支店の設計に際し、英人・コンドル、米人・ガーディナー(1857〜1925)とともに略設計を嘱託された。支店長・コーファソは下田菊太郎の略設計を採用した。
1909, U.S.N Hospital, 米国海軍病院
本館は2階建て、白い石材で縁取られた赤レンガの建物

--- Nagasaki

1904,The Hongkong and Shanghai Banking Nagasaki,香港上海銀行長崎支店
組積造

--- Kobe

1908,Tor Hotel, 東亜ホテル
Tor Hotel, 東亜ホテル
山腹家屋式、鋼梁鋼筋

--- Shanghai

Robert Stanley Dollar house, ロバート・ダラー長男邸 フランス租界
ウインタナラー邸(ジャーデンマセソン商会)
ラアヴィン邸(米国人)
東風飯店(旧シャンハイ・クラブ/英国総会・1909(1912)年竣工・RC造4F(塔屋5F)B1F・タラント&モリス設計、下田菊太郎内装担当・ホワース・アスキン会社施工)上海の外国人クラブとして最も早く建設された。

--- Abiko
1924, 杉山楚人邸

平屋建ての部分が下田の設計とされている。現在は杉村楚人冠記念館。
--- Others

1981,林青梧「文明開化の光と闇: 建築家下田菊太郎伝」
秋田県立博物館研究報告館21号57〜72ページ1996年3月,建築家・下田菊太郎に関する若干の考察一その生涯と業績について−,池田憲和
リンク



--------------------------------

ホーム に戻る
inserted by FC2 system